アピオは、岩手山のふもと、広大な敷地を持つ多目的催事施設です。コンサートや、スポーツなどにも対応するアリーナを持つ「催事場」。11の会議室を有する「会議場」。そしてこれらをサポートする「附属展示場」と二つの「屋外展示場」や、2,500台収容の大駐車場などの諸施設で、皆様の多様なニーズにお応えします。

イメージ

アピオとは・・・

当館全体の愛称でラテン語で[結ぶ][つなぐ]という意味です。

人・もの・情報が出会い、お互いが結びつながり、それぞれが発展していく。
岩手産業文化センターをそうした喜びあふれるステージに!という願いが込められています。
この愛称は岩手県が公募し、平成4年4月に決定したものです。

昭和60年8月に催事場が営業を開始し、平成4年4月に会議場がオープンしました。
この施設は岩手県が建設・所有し、平成18年から指定管理業者が管理・運営しております。

 

■指定管理者 岩手県ビル管理事業協同組合株式会社JTB

 

イメージ