アピオからのお知らせ2021年9月17日

ご来場のための新基準(新) 【定員制限の再開】について

1、入場の制限をします。

※ご来館されるすべての方を対象に以下の①②のチェックをします。

①健康チェック及び感染予防対策チェック

  • 入場口で体温を検温(検温器具は会場備え付け)します。37.5度以上の場合は入場を控えてもらいます。
  • マスク着用と手指アルコール消毒を確認します。
  • マスク着用がない場合は、購入願います。(会場で有料対応します)

②都道府県間の移動チェック

  • 感染拡大の兆候のある都道府県(適時チェック)からのご来場者は、出発地の規制に従っていることを確認します。

2.定員制限を再開しました。(2021年9月17日以降)

※感染拡大によるリスクを低減させるため、従来の制限を行います。

【屋内(密閉空間)】
施設名 面積(㎡) 旧定員 新定員
【会議棟】
特別会議室 300 116 100
第1会議室 60 24 20
第2会議室 80 57 26
第3会議室 150 108 50
第4会議室 300 210 100
第5会議室 150 108 50
第6会議室 80 57 26
第7会議室 90 57 30
第8会議室 160 108 53
第9会議室 300 200 100
第10会議室 180 120 60
特別室 72 12 12
合計 1,778 1,177 627
【催事場】
A会議室 156 81 52
B会議室 49 18 16
C会議室 20 10 6
合計 225 109 74
【準屋外空間】

※ロックコンサートなど飛沫感染リスクが想定される場合は、別途ご相談となります。

施設名 面積(㎡) 旧定員 新定員
① ※注 ② ※注
【催事場】
アリーナ 1階 3,600 1,600 5,000 1,200 850
アリーナ 2階 固定席 2,000 2,000 1,000 200
合計 3,600 7,000 2,200 1,050

①は展示会など移動席を設置しない場合の最大同時入場者数で、ソーシャルディスタンス(3㎡/人)を確保します。

☛《例》中古車展、スポーツ大会、ブースを設営した物販など

②は移動席を設置した場合ですが、講演会・試験など、開始や休憩が同時となる場合は共用部の混雑回避のため収容人員を減じるほか、避難通路などの消防法上の制約が別途あります

☛《例》講演会、試験、発表会など

【屋外】

※ロックコンサートなど飛沫感染リスクが想定される場合は、別途ご相談となります。

施設名 面積(㎡) 旧定員 新定員
付属展示場 2,800 最大1,000
第1屋外展示場 30,000 最大2,000
第2屋外展示場 80,000 最大2,000

注1) 歓声や声援があり移動席を設置しない場合を想定しています。
注2) 固定物を除いた勇功面積を設定設定しています。
注3) 人数はいずれも最大同時入場者数です。
注4) 共用部分の過密リスクを回避するため、上限を2,000人とします。


3、消毒作業を増やします

※接触感染の防止するために高頻度接触部位対策を施します

  • ドアなどはできる限り解放状態にします。
  • 主催者様が利用される施設については、利用期間中は主催者様、その前後は会場側と分担して消毒します。
  • トイレなど共用部分については、頻度を上げて会場側が消毒します。

☛消毒場所リストはこちら


4、感染経路調査に協力します

※集団感染の際の感染経路の把握に資するリストの作成を行います。

  • 主催関係者は事前の提出をお願いしますが、入場の際にも記入できるよう準備(参考様式1)します。
  • 本番日の来場者様の把握(参考様式2)については、主催者様にお願いします。
  • 主催者様は、「定員の確認」や「入場者の把握のための導線」に関する会場との十分な調整ができるスケジューリングをお願いします。

☛様式1はこちら

☛様式2はこちら


【主催者様へ】

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のために会場で行うことができる対策については、可能な限り施してまいりますが、主催者様のご協力なくしては難しい点が多々ございます。感染を防いで、会議や催事を今後とも継続して開催していただくためにも、使用していただく際には別途定める「許可の条件」の履行をお願いいたします。

☛「許可の条件」はこちら